瀬々敬久 最新自主企画 『菊とギロチン -女相撲とアナキスト-』

2017年12月ついに完成!

2018年夏公開予定

2017年12月ついに完成!
2018年夏公開予定

閉じる

関東大震災直後の時代の空気

人間が持つ「罪と罰」を掘り下げ、
上映時間4時間38分という壮大な自主映画『ヘヴンズ ストーリー』公開から6年が経ちました。

鬼才・瀬々敬久が次なる自主企画の舞台に選んだのは、
関東大震災直後の時代の空気です。

『菊とギロチン -女相撲とアナキスト-』
作品概要

第一次世界大戦時の大戦景気を経た後の戦後恐慌、そして関東大震災。
混沌の中で、様々な大衆文化が花開いた大正時代が舞台。当時農村を中心に活況を呈していた、「女相撲興行」の力士たちと、格差のない理想世界を夢見る若きアナキストたちの出会いを軸に、庶民たちの荒々しくも猥雑なパワーを、ロマンスあり、活劇あり、社会風刺ありで描く骨太エンターテインメント。

かつて、女相撲の興行が日本全国に渡って行われていたことは、あまり知られていない。
今もわずかに、地方の村おこしイベントで企画されたりしているが、当時の盛況を語り継ぐ者はほとんどいなくなっている。

そこには大相撲にも劣らない力士がいたし、純粋に相撲をしたくて土俵に上がっていた女性たちも多くいた。歴史の表には出て来ない女相撲がかつてあり、そこには魅力的な女力士たちが生きていた。

この映画に登場するアナキストたちも実在した人々だ。暗殺を企てると言ってはいるもの、今の若者とあまり変わらない。ドジで間抜けで優しくて純粋、そして社会をよりよくしたいと思っている若者たち。そんな彼等が、もし女相撲の力士たちと触れ合っていたらと仮定してつくられた物語。事実に基づいたフィクション。

歴史の偶然か必然か、東日本大震災後の日本社会に漂う不寛容で不穏な空気は関東大震災後のやがて第二次世界大戦へ雪崩れ込む戦前の空気と似てないでしょうか。

高度な管理社会による閉塞感、先進国によるグローバリゼーション化に翻弄され生みだされた世界の格差社会と紛争。
本作が現代社会における様々な問題の克服に思いを馳せるきっかけとなればと思います。

『菊とギロチン - 女相撲とアナキスト -』
2016年12月撮影終了
完成:2017年12月(予定)
公開:2018年夏(予定)

あらすじ

関東大震災後の東京近郊。
そこには震災で焼け出された避難民や孤児が食料を求め溢れていたが、そんな土地に女相撲の興行を催すべく「玉岩興行」の一座がやってきた。

「玉岩興行」には大関玉椿、梅の里を筆頭に、12名の様々な出身や境遇の女力士たちが在籍していた。

新人力士の花菊は、貧農の嫁であったが夫の暴力に耐えかねて家出し、この団体に加わっていた。同じく新人の十勝川は、震災直後のデマによる虐殺から逃れてきた朝鮮人娼婦だった。

「格差のない平等な社会」を標榜しつつも、その活動は資本家から恐喝した金で遊興にふける刹那的な生活を送っていたアナキストグループ「ギロチン社」の中濱鐵と古田大次郎は、震災後の憲兵隊による大杉栄殺害に憤慨し復讐のテロを画策すべく、その土地にアジトを構えていた。

相撲見物にでかけたアナキストの若者たちは、女力士たちに魅せられ仲良くなる。
中濱と十勝川、古田と花菊は、互いに惹かれあっていくのだったが…。

時代に翻弄されながらも歴史の裏面でそれぞれの「生きる意味」を模索してもがいた民衆たちの群像劇。

監督メッセージ

やるなら今しかなく、いつだって今しかない。
その想いでこの映画に向かっています。

瀬々 敬久

瀬々 敬久(ぜぜ たかひさ)

京都大学哲学科在籍中より、8mm、16mm などで自主映画を製作。卒業後、映画制作会社「獅子プロダクション」に所属。
1989年、ピンク映画『課外授業 暴行』で監督デビュー。1997年『KOKKURI こっくりさん』で、一般映画デビュー。
以後、一般映画、ピンク映画、テレビドキュメンタリーなど、ジャンルを問わず縦横無尽に活躍。豊川悦司主演の『DOG STAR』(2002)、Gackt主演の 『MOON CHILD』(2003)、妻夫木聡主演の『感染列島』(2009)、岡田将生主演の異色アクション映画『ストレイヤーズ・クロニクル』(2015)など商業的な作品を作り続ける。
一方、4時間38分の超長編映画『ヘヴンズ ストーリー』(2010)はインディーズ体勢で製作、ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞するなどした。

2016年、横山秀夫原作、佐藤浩市主演『64-ロクヨン- 前編/後編』が各方面で評判を呼ぶ。2017年は、つげ忠男原作「なりゆきな魂、」の公開が控える。

出資 & 協賛のお願い

多くの皆さんの出資、カンパ、協力での参加により、この映画を完成することができました。
監督はじめスタッフ一同、大感謝です。 ありがとうございました。

さて、今後は2018年夏の公開にあたり、宣伝活動を開始してまいります。
詳細は、後日お知らせいたします。
引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

主要キャスト

  • 花菊ともよ…女相撲 前頭木竜麻生
  • 十勝川たまえ…女相撲 前頭韓英恵
  • 中濱鐵…ギロチン社東出昌大
  • 古田大次郎…ギロチン社寛一郎

女相撲 玉岩興行

  • 玉椿みつ…大関嘉門洋子
  • 梅の里つね…大関前原麻希
  • 若錦まき…関脇仁科あい
  • 羽黒桜まつ…関脇田代友紀
  • 小天龍よし…小結持田加奈子
  • 与那国うし…小結播田美保
  • 小桜はる…前頭山田 真歩
  • 勝虎かつ…前頭大西 礼芳
  • 日照山きよ…前頭和田光沙
  • 最上川せん…前頭背乃じゅん
  • 2代目小桜…新人原田夏帆
  • 岩木玉三郎渋川清彦
  • 三治嶺豪一

ギロチン社

  • 倉地啓司荒巻全紀
  • 河合康左右池田良
  • 仲 喜一木村知貴
  • 小川義雄飯田芳
  • 田中雄之進小林竜樹
  • 小西次郎小水たいが
  • 内田源太郎伊島空
  • 茂野栄吉東龍之介

労働運動社

  • 大杉栄小木戸利光
  • 和田久太郎山中崇
  • 村木源次郎井浦新

在郷軍人分会

  • 飯岡大五郎大西信満
  • 佐吉川本三吉
  • キチジ髙野春樹
  • 栄太中西謙吾
  • 正力松太郎大森立嗣
  • 定生…花菊の夫篠原篤
  • 丸万…警察署長菅田俊
  • 坂田勘太郎…歩方川瀬陽太
  • 田中半兵衛…地主嶋田久作
  • 水島…次の警察署長渡辺謙作
  • 森本一雄…実業同志会の理事宇野祥平
  • 金善姫…朝鮮の女アナキスト中田彩葉
  • 魚売の音弥鈴木卓爾
  • 漁師の男小林節彦
  • ハツ…佐吉の女房松山カオル
  • 佐吉の父飯島大介
  • 春子…半兵衛の賄い女上木椛
  • 女郎…鐵の相手村上由規乃
  • 人形使い森田晋玄
  • 被災民…願人坊主下元史朗
  • 被災民…ジャンベ奏者奈良大介
  • 被災民金城左岸
  • 被災民内堀太郎
  • 被災民中村修人
  • 被災民荒堀舞
  • 被災民和久本あさ美
  • 被災民三村晃傭
  • 被災民松村厚
  • 大杉に演説を奪われる男武田一度
  • 警官吉岡睦雄
  • 甘粕五郎柴田一樹
  • 庄司乙吉西村達也
  • 銀行員1申芳夫
  • 銀行員2渡辺厚人
  • 給仕女松倉智子
  • 十勝川の相手/警官海野恭二
  • 女郎辻凪子
  • 刑事 白井良治
  • 巡査坂本克彦

ナレーション

  • 永瀬正敏

主要スタッフ

  • プロデューサー 坂口一直・石毛栄典・浅野博貴・藤川佳三
  • 脚本相澤虎之助・瀬々敬久
  • 音楽安川午朗
  • 撮影鍋島淳裕
  • 照明かげつよし
  • 美術監修磯見俊裕・馬場正男
  • 美術露木恵美子
  • 録音高田伸也
  • 編集早野亮
  • 助監督海野敦・山嵜晋平
  • VFXスーパーバイザー立石勝
  • 装飾中込秀志
  • 持道具上田耕治
  • 衣装真柴紀子
  • ヘアメイク島田万貴子
  • サウンドエフェクト北田雅也
  • 仕上げ田巻源太
  • キャスティング神林理央子
  • ラインプロデューサー坂本礼
  • 協力プロデューサー田所大輔
  • 題字赤松陽構造
  • 監督助手古畑耕平・井澤昌也
  • 撮影助手堀部道将・西佐織
  • 照明助手小笠原篤志・松本憲人・岩丸晴一・西村昌幸
  • 録音助手近藤崇生・川口陽一・黄永昌
  • 美術助手三ツ松けいこ・布部雅人・大原清孝
  • 装飾助手中山真理
  • 衣装助手田中久恵・星野恵理
  • ヘアメイク助手鶴永千紘・中原史子・西藤恭子
  • 美術管理井汲泰之
  • 装置管理石野聖博
  • 装置若頭浜村正樹
  • 装置武藤克彦・山田和行・小川正敏・吉村好史・森建太・松尾政昭・山本久光
  • 建具牧野高明
  • 経師原田良枝
  • 塗装池端松夫・吉田章子
  • 造園野村英二・藤原一弘・子川 拓・野村大雅・野村美結
  • スチール今井俊裕・夏野苺
  • メイキング榎本敏郎
  • タイトル制作川口和子
  • 制作主任山田智也・酒井識人・北川帯寛
  • 制作進行坂野達哉
  • エキストラ担当片岡大樹
  • 車輛北村啄成・林利雄・布目克己・林田信夫・福田米文・吉田信介・西村義之・深川哲臣
  • VFXディレクター内海大輔
  • VFXリードコンポジッター西川拓伸
  • VFXコンポジッター正司大和
  • CGディレクター西尾和弘
  • CGディレクター村松直之
  • VFXマネージメント立石玲子
  • サウンドエフェクト助手北垣杏里
  • 整音助手豊嶋晃子
  • 仕上げ助手ミッシェル・マデン
  • レコーデイングエンジニア本谷侑紀
  • ダビングエンジニア板橋聖志
  • サウンドエンジニア宮本明子・田邊萌乃・小笠原良汰
  • サウンドコーディネート志田直之
  • 照明応援山内俊介・上久保南海
  • 編集応援坪田早紀子
  • 美術応援蓮池あゆ・松尾文子・植木咲楽・松田 亘・柳 芽似・河村 凛・唯野浩平・井上慎也・栗原 翔・原田迪治
  • 装飾応援木下 保・堀場 愛
  • 衣装応援鈴木淳・友重恵巳
  • 制作応援女池 充・堀 禎一・和田昂士・森下万智・柘植勇人
  • 制作インターン村田誠広
  • 撮影インターン村上和哉・田名網龍
  • 相撲指導日本大学相撲部(對馬英人・石前辰徳・内 祐基)、立川錬成館(佐川聡彦)、京都相撲連盟(岩田和義)
  • 相撲練習協力日本大学相撲部 部員の皆さん・兼平志織・松尾清香・鳥井本聖奈・吉田佳子
  • 行司指導伊藤勝治
  • アフリカンダンス指導磯部周子
  • 韓国語指導李民浩・尹文嬉・井澤眞愛
  • 琉球語指導高江洲義貴
  • 三味線指導杵屋弥佶
  • 締太鼓・当り鉦指導藤舎夏実
  • 協力長尾基史
  • 相撲甚句指導矢吹みね子
  • 櫓太鼓・ふれ太鼓指導/演奏琴二
  • ジェンベ / ドゥンドゥン演奏奈良大介・橋本 肇・天野 徹・安富伸宏
  • サムルノリ演奏アンデミ ノルムセ・康明洙(ケンガリ)・李在浩(チャンゴ)・河明樹(チン)・石坂亥士(プク)
  • 資料協力遠藤泰夫・佐藤宏一・小松隆二・古屋淳二・成田圭祐・軍事法規研究会 大木浩明・おたからや京都北山店・朝日新聞社・ぱる出版・アナキズム文献センター・IRREGULAR RHYTHM ASYLUM
  • 協力松竹撮影所
  • 撮影協力滋賀県・舞鶴市・京丹後市

NEWS

我と思わん方、この企画に賛同してみようと思わん方、兎に角ご一報ください。

運営
『菊とギロチン』合同製作舎(仮)
連絡先
有限会社スタンス・カンパニー 担当:坂口一直
東京都文京区湯島 2-14-11,1F TEL:03-3839-0981
MAIL: kikugiro@stance.co.jp
協力プロデューサー
田所大輔 (京都)
日下部克喜(山形)