瀬々敬久監督が、傑作『ヘヴンズ ストーリー』に続いて放つ入魂作

『菊とギロチン』

監督:瀬々敬久、脚本:相澤虎之助・瀬々敬久、出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太、ナレーション:永瀬正敏、2018年|日本|189分|カラー|シネスコ|DCP|配給:トランスフォーマー

「同じ夢を見て闘った」

  • 多謝! 制作・公開  
        支援者

 「女相撲」✕「ギロチン社」 が世界に揺さぶりをかける、アナーキー青春群像劇!

ツイートを表示